2016夏の野球大会第1試合目

こちらでは試合の詳細と最終的な勝率の変動結果を

あげていきたいと思います。

チーム分けは各教室の参加人数とレベルの平均化を考え

Aチーム(西宮・大阪)、Bチーム(宝塚)

Cチーム(本庄南)、Dチーム(新高・八尾)

Eチーム(高槻・東大阪)、Fチーム(豊中・吹田)

というチーム編成になりました。

まずは第一試合で戦うことになったのは、

Aチーム(西宮・大阪)vs Eチーム(高槻・東大阪)

Dチーム(新高・八尾)vs  Bチーム(宝塚)

Cチーム(本庄南)vs  Fチーム(豊中・吹田)

どのチームも初戦で勝ち星をあげようと意気込み十分!

Aチーム(西宮・大阪)vs Eチーム(高槻・東大阪)の試合では

3回までAチーム(西宮・大阪)に対し硬い守備を見せ、3対6と

リードしていたEチーム(高槻・東大阪)

7X1A0158 7X1A0147

しかし、4回表Aチーム(西宮・大阪)が打線爆発!送球ミスなども重なり

同点に追いつかれます。このチャンスを逃さなかったAチーム(西宮・大阪)は

5回にも1点を追加しこのまま最後まで守りきり7対6の逆転勝利!!最後の最後まで

どちらが勝つかわからない熱い試合となりました。

7X1A0118

Dチーム(新高・八尾)vs  Bチーム(宝塚)の試合では

1回裏にBチーム(宝塚)が3点を先制しますが、ここからお互いに点を取ることが

出来ずに3回終了時では0対3とDチーム(新高・八尾)追い込まれていきます。

野球大会

このままでは終われないDチーム(新高・八尾)4回表に4点を取り逆転に成功!!

このまま勝てるかと思いましたが、Bチーム(宝塚)は強かった!4回裏にすぐさま

6点を取り返し、最終的に4対9とBチーム(宝塚)が勝利しました。

7X1A0666

Cチーム(本庄南)vs  Fチーム(豊中・吹田)の試合は

Cチーム(本庄南)の勢いにのまれてしまい動きが硬くなってしまったFチーム

(豊中・吹田)はエラーを連発してしまいCチーム(本庄南)に大量得点を許して

しまいます。3,4回からは硬さが抜け、普段の力を発揮し、6点を返しますが、序盤

に取られた大量得点に追いつくことが出来ず、無念の時間切れとなり16対6で

Cチーム(本庄南)が勝利しました。

7X1A0264 7X1A0342

第一試合で勝利を掴んだのはAチーム(西宮・大阪)・Bチーム(宝塚)

Cチーム(本庄南)となりました。第二試合については近日中に報告したい

と思います。乞うご期待です!!有難うございました。