2014年8月24日(出雲)理科実験教室

8月9日~ クロスワード出雲支部では
    VABBO学習サポート教室のサマースクール後半

一大イベントの
理科実験&子育てセミナーを開催いたしました!
理科実験は、毎年恒例となっているイベントで、今年も蔵前理科教室ふしぎ不思議(略称:くらりか)さんにご協力いただきました。
今年くらりかさんがご用意してくれたのは、牛乳パックを使った紙コプターとLEDを使った光のカクテル(七色に光るLEDを使ったランプ)でした。
紙コプターは一枚羽紙コプターと二枚羽紙コプターの2つ作ったのですが、子ども達が一生懸命自分の作品を作っている時の、真剣な表情が印象的でした。
出来上がった作品を実際に飛ばしてみてどちらが良く飛ぶかを比べ、飛ばし方や羽の角度を自分なりに工夫し調べている姿は、まだ小さいけれど立派な科学者に見えました。

LEDを使った光のカクテルでは、最初はLEDとはどんなもの?ということの勉強をして、ちょっと内容が難しいかな?とも思ったのですが、子ども達みんなよく話を聞いていて内容もよく理解しており、純粋に凄いなぁと感心していました。
勉強も終わり、さぁいよいよ、光のカクテル作りの始まりです♪みんな自分なりに試行錯誤をしながら思い思いの作品を作っていき、それぞれの個性が詰まった作品が出来上がったようです。
暗くした部屋で明かりをともしてみると、とても優しい光が幻想的に輝いていて、その光景を見てほしくて、お母さんを引っ張って連れてくる子もいました。きっと納得できる作品が作れたんだと思います。なんとなく誇らしげに見えました。

すべての作品を作り終え、楽しい作品を考え、 持ってきてくれたくらりかさんと記念写真を撮って理科実験は無事に終了

理科実験が終わり、子ども達は理科実験で覚えたことの復習と紙コプター飛ばし大会をしました。とっても楽しい理科実験教室となりました!!

子育てセミナー
テーマは
   ~子どもの行動の意味を知る~

事前に書いてもらっていたカラーテストと子どもと保護者様の性格診断用紙を使っていきながら、子どもがどういった性格なのかを見立てをたてながら話しはじめ、保護者様は子どもの性格について「こういったお子様じゃないですか?」とカウンセラーが見立てていくと、「そうなんです」や「あたってます」などのお声があがり盛り上がる場面もあり、また、カウンセラーが保護者様ご自身の性格診断の見立てを話しだすと、真剣に聞いておられました。
セミナーをしていくと、段々普段は中々言えない悩みや相談・最近起こった出来事・子どもの将来に感じている心配事など、様々なお話が自然と出てくるようになり、 そこにさきほど出てきた子どもの性格、保護者様の性格などを交えて話していくことで、より深いお話になっていき、 セミナーの時間も忘れてしまうほど盛り上がっていましたが、お帰りの時間がきてしまい、惜しまれつつ子育てセミナーは終了。

とてもすっきりした表情でお帰りになられていた保護者様。満足していただけたようです♪